banner

飲食業界の求人に応募する際にお店を選ぶポイント

飲食業界の求人に応募する際のお店の選び方ですが、いくつかのポイントがあると思います。 もちろん時給や月給が平均かそれ以上と言う点も大事ですし、そのお店のジャンルの食べ物が好きかどうかというのも大事でしょう。また当然、現実的に通勤可能かどうかという意味で家からの距離も選ぶ際のポイントにはなってくるでしょう。 それ以上に個人的に重要視しているのは、まずは面接などをする前に、求人に応募しようと思っている店に客として行ってみる事です。スパイすると言うと、一見して聞こえは悪いかも知れませんが、そうすればどんな料理を出しているのか、あるいはどんな年齢層の従業員の方々が働いておいでなのか、店長とおぼしき人はどんな雰囲気の方なのか、または時間帯によってどんな客層や混み具合なのか一目瞭然だからです。もちろん数回、お客として行っただけではなかなかお店の全体像や細かい人間関係などはわからない面も多いとは思いますが、百聞は一見にしかずで、かなりの情報量をそこで得る事ができると思います。別にそのお店を値踏みするといった事ではなくて、はたして自分がそこで働けそうか、カラーが合うだろうかなどを考える上では一番手っ取り早い方法のひとつなのではないでしょうか。 もしそういった情報を自分の目や耳や肌感覚で確認しなかったら、分からない事が多いですし、その状態で働き出しても本当に自分がやっていけるかわからないという事はあると思います。もし合わないと思って短い期間で辞めてしまうような事になったらかえってお店にも迷惑がかかってしまうので、私は飲食業界の求人に応募する際はお店を選ぶひとつの方法としてそうした事を通して判断します。
飲食業界の求人に応募する際は、面接などに行く前に是非その店舗にいってみましょう。そうすることでしか得られない情報がきっとあるはずです。

Copyright(C)2013 飲食業へのお仕事経験談 All Rights Reserved.